【a piece of Library】 カディ コットン 7分袖 デコールブラウス



d0249159_14595763.jpg
 

昨日は千葉の南では雪がちらついて、いっそう寒さが厳しきなりました。

でも、庭先の猫柳はつぼみが膨らんできています。

春の陽だまりが、待ち遠しいですね。

お洋服の紹介です。

【a piece of Library】 から、カディコットンのふんわりブラウスが届きました。


カディ コットン 7分袖 デコールブラウス 15,750円


襟ぐりにたっぷりと寄せられたギャザーが、優しいシルエット。


前開きの部分には共布のパイピングをはさみ、クロスステッチを手作業にて施しています。

前見返しは一針一針手まつりにて押さえ、襟元が開いたときにも美しい仕様です。

結ぶリボンも共布で細く作られ、リボンの先は糸で丁寧に巻きつけて仕上げてあります。

袖口のぷっくりと丸い釦も手作業で作られています。

また、縫い代は全て袋縫いで縫製しており裏を返しても美しい始末となっております。


細かな部分に繊細な手作業が垣間見える美しいブラウス。

着用感のないくらい軽く気持ちの良い着心地で、

シンプルな着こなしが素材と縫製の良さを引き立ててくれます。

ゆったりパンツやデニムに合わせて。

モデルは151㎝


d0249159_1573310.jpg
d0249159_1574579.jpg

【Khadi Cotton】
Khadi(カディ)とは、インドにおける手紡ぎ手織りの生地のこと。
インド独立の父ガンジーは、「国産品あってこその独立」と唱え、
1921年「衣服のための糸と自らの手で紡ごう」と独立運動を起こしました。
この運動はまたたく間にインド中に広がり、独立という自由を勝ち取りました。
仕事の無かった多くの人々が雇用のチャンスにも恵まれたと言われています。


Khadi(カディ)は糸を紡ぐことから始まり、糸巻き、糸引き、
そして最終的に手織りの作業を経て完成されます。
多くの人々の手によって生み出されたKhadi(カディ)は、
手作業ゆえに生じる糸の織りの不均一さによって
風通しが良くなり、汗の吸収にも優れ
そして何よりも柔らかな風合いを感じることが出来ます。




素材名: Khadi cotton 100%
※カディコットンは手紬手織りのため,生地にネップやスラブがみられることがあります。
生地の特性としてご理解ください。

色: インディゴネイビー

価格: ¥15,750.-



LIVRE DE VERS リーヴル・ド・ヴェール

285-0837
千葉県 佐倉市 王子台 1-15-20
Tel:043-312-5057
Fax:043-312-5058
Mail:livre-de-vers☆espoir-inc.co-site.jp
(お問い合わせの際は、☆を@に変えてお送りください。)

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by LivredeVers | 2014-01-16 15:09 | a piece of library

<< 2014.2.1(土) りーヴ... 2014年もよろしくお願いします >>